スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨の日や寒い日の関節痛について

オハYo!!ヽ(*´Д`*)ノ 。o○(ネムィ(*σД-*)。o゚)今日もお付き合い感謝してます。

皆さんの周りの友達や知人の中で、「今日は関節が痛むから、雨が降るかなぁ」とか「昔の傷が痛いなぁ」などと言っている方がいらっしゃったりしませんか?



私も何度かそんなふうに言っている友人の言葉を耳にしていますが、これにはきちんとした名前があり、「天気痛」と呼ばれているでしょうね。

簡単に説明するとしたら、天候により酷くなったり、痛みが左右される場合の事をいうんです。



確実な原因は未だに解明されていないのですが、おそらく気圧と湿度が密接に関わっているのではないだろうかになっているでしょう。

雨が降ると、当然、気圧が下がり、湿度も高くなりますね。



気圧が低下すると共に、外部からの刺激に反応して、ヒスタミンという物質が分泌されます。

このヒスタミンは血管を拡張させたりもするわけですが、アレルギーや炎症(原因としては、ウイルスや細菌への感染、外傷や火傷、アレルギー反応などが考えられます)を引き起こす物質として知られています。



雨が降って気圧が低下してしまうと、体の各部分がその気圧の低下に負けないようにと、体内から外へ押し返そうとする圧力をかけます。

押し返そうとして細胞が膨張気味になってしまうと、ヒスタミンが分泌されるわけです。



そして、このヒスタミンが分泌されることにより、関節などに痛みを引き起こします。

また、湿度の点から見てみますと、湿度が高くなると人間は汗をかきにくくなるので、体内にあまった老廃物(代謝によって生じた代謝産物のうち、体にとって不必要、もしくは、有害なものをいいます)が蓄積されます。



老廃物が蓄積されることにより、体にむくみ(全身性浮腫と局所性浮腫に分けられるでしょう)があらわれ、血行不良(運動をしたり、サプリメントを利用することで改善できます)のだそうです。

この血行不良(血液の循環が良くないことをいいます)になるということが結果的に、痛みを生み出すのです。



このような痛みを緩和するには、お風呂にゆっくりつかるなどすることによって、常に血行の良い状態を保っておくと良いでしょう。



ではでは、今日はこのへんにして・・・。


この記事の関連ワード
ウォーキング 外側 筋トレ 登山 滋賀 整骨院 

スポンサーサイト
RSSリンクの表示
お気に入り
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。